HOME > 会社概要> 会社沿革
会社概要

会社沿革

創業者 関谷幸吉
   
大正13年(1924) 4月 創業者 関谷幸吉氏北海道函館より単身上京。
倭屋出身(現:ヤマト科学株式会社)の(合)杉田藤太郎商店に入社。修行時代を過ごす。
創業
   
昭和8年(1933) 1月 理化医療用ガラスの卸売業「関谷幸吉商店」を創業。
設立
   
昭和19年(1944) 8月 組織を法人に変更。
「関谷理化硝子器械(株)」とし、時代の要請と社業の発展を期した。
発展
   
昭和21年(1946) 6月 復興期で景気が上向くと「東京ケミカル硝子(株)」を設立。
超硬質ケミカル硝子の製造販売に着手。
「ケミカル」印の製品の良さは理化学業界に貢献する切っ掛けとなった。
構築
   
昭和27年(1952) 5月 中央区日本橋の現在地に本社ビルを完成。
業界屈指の在庫を誇る一大流通センターを完成。即日配達をモットーに現在にいたる。
昭和39年(1964) 11月 東洋濾紙製品販売に関する代理店契約を締結。
進化
平成9年(1997)4月
   
昭和42年(1967) 11月 米国コーニング社製パイレックスガラス製品の販売を開始します。
昭和45年(1967) 10月 岩城硝子株式会社(現:旭硝子株式会社)と代理店契約を締結。
パイレックスガラス製品とガラスチューブ・ブランクガラスなどの素材販売を開拓する。
昭和48年(1973) 3月 柴田科学器械工業株式会社(現:柴田科学株式会社)とガラス製品販売に関する代理店契約を締結。
昭和57年(1982) 2月 東洋科学産業株式会社製品販売に関する代理店契約を締結。
昭和62年(1987) 10月 株式会社エー・アンド・デイ製品販売に関する代理店契約を締結。
平成5年(1993) 8月 ヤマト科学株式会社代理店契約を締結。
理化学医療用硝子の販売のみならず科学機器全般に向け、全国的に発売する。
平成5年(1993)12月 コーニングジャパン代理店・ヤマト科学株式会社特約店 の子会社
「ジーエス・ラボ株式会社」を設立
平成9年(1997)4月 子会社「ジーエス・ラボ株式会社」にて特殊ガラス製品
「GS」ブランド販売を開始する。
平成9年(1997) 8月 株式会社島津製作所衡器特約店契約を締結。
取扱い製品全般にわたって販売を開始。
平成12年(2000) 5月 メノー乳鉢、自社ブランドで全国販売開始。
平成13年(2001) 7月 株式会社半田器械店との吸収合併契約締結。
株式会社ニッカトー製品販売に関する代理店契約を締結。
セラミック製品・素材の販売を開始する。
東亜ディーケーケー株式会社製品全国販売開始。
平成19年(2007)2月 ジーエス・ラボ株式会社は親会社である関谷理化硝子器 械株式会社(現:関谷理化株式会社)と合併して解散する。
培ってきたノウハウ と「GS」ブランドはすべて関谷理化株式会社に引き継ぐこととなる。
未来
   
平成20年(2008) 4月 中央区日本橋室町に本社移転を機に社名を「関谷理化株式会社」に変更。
平成20年(2008) 5月 江東区若洲に若洲配送センターを開設。
平成20年(2008) 7月 低融点無鉛フリットガラスの開発に着手。
平成21年(2009) 9月 江戸川区臨海町に臨海営業所と臨海配送センターを開設。
平成22年(2010)9月 平成22年度 基盤技術産業グループ支援事業にて無鉛シー ル材共同受注グループが採用され、低融点無鉛フリットガラスの開発とノーバイ ンダーブレスシステムの開発。
ページの先頭へ戻る

Copyright(C) 2009 SEKIYA RIKA CO.,LTD. All Rights Reserved.