HOME > 会社概要> 業界の歴史
会社概要

業界の歴史

我が国の硝子業の歴史は、明治12年6月「東京玻璃製造人組合睦会」の設立以来、今日まで120余年が経過し、幾多の試練と辛酸を乗り越え営々と築き上げて参りました。

ある時は隆盛の狭間に粗製乱造の弊害も現れ「重要輸出品同業組合法」の制定により、ひたすら信用保持に努めた時期もありました。

大正3年「医理化団体硝子同盟会」を吸収合併すると洋登食器及び雑器部門と医理化、化粧壜部門の二部門に区分、更に第二次世界大戦が勃発を契機とし、東京市一円を統制規定に基づいて統制事業を実施、全国的に配給機構を整備することになりました。

昭和20年終戦と共に統制組合を解散廃業を余儀なくされていた業者が戦後の混乱期にも拘わらず逸早く復活させる機運が高まり現在にいたっております。
ページの先頭へ戻る

Copyright(C) 2009 SEKIYA RIKA CO.,LTD. All Rights Reserved.