HOME > 無鉛フリットガラス > フリットガラス(粉末ガラス)とは
無鉛フリットガラス(PbFREE FRIT GLASS)

フリット開発試作受付表 フリット開発試作受付フォーム
フリットに関する
お問い合わせは

マテリアル営業部
鈴木浩昭 (スズキ ヒロアキ)
TEL:03-3241-4750
FAX:03-3241-4695

フリットガラス/ガラスフリット(粉末ガラス)無鉛低融点ガラス

日本製のフリットガラス(粉末ガラス)です。
ガラス質の無機物で、通常粉末にて供給されます。300℃〜950℃の範囲で軟化点を設定でき、用途により各種の組成系の中から選択することが可能です。選定にあたっては、まず使用目的、使用温度、膨張係数を考慮し、さらに必要とされる電気的特性、化学的特性によって、商品を選択していただきます。また必要に応じ、各種組成系において、組成設計、特注試作を承っております。
主用途

抵抗器用絶縁琺瑯
導電ペースト用
絶縁カバーコート用
各種封着用
PDP用フリット材
低温焼結基板用

難燃機能用フィラー
耐熱塗料用フィラー
耐熱シール用ガラスバインダー

耐火物熱間強度補強用
低温焼結剤
砥石用ボンド剤(ダイヤモンド砥石CBNボンド)
機能性セラミックスのバインダー

陶磁器用各種釉薬
陶磁器用上絵の具
七宝用絵の具各色
ガラスフュージング用エナメル
ガラス工芸用各種材料

組成系
ホウ珪酸鉛系
 (アルカリ含有及び無アルカリ)
低融点ホウ酸鉛系
鉛カリガラス
結晶性鉛ガラス
ホウ珪酸塩系
 (結晶性及び非結晶性)
高珪酸質ガラス
ホウ珪酸バリウム系
 (アルカリ含有及び無アルカリ)
ホウ酸亜鉛系
ホウ酸バリウム系
アルミノリン酸塩系
低融点リン酸塩系
 (高膨張タイプ及び低膨張タイプ)
低融点アルカリガラス
選定基準
@使用目的
コーティングで使用するか、バインダーとして使用するか、接合に使用するか。
A使用基材
コーティングで使用する場合、基板となる材料は何か。(金属またはセラミック等)
Bコーティング・接合で使用の場合
 コーティング・接合の場合、特に基板とフリットの膨張係数の関係が重要となります。また、何度で焼成するのか、着色の要望があるかを判断します。
C バインダーとして使用の場合
バインダーとして使用する場合、目的とする焼成物を何度で焼くか。最終製品の使用温度は何度か。
D電気的特性
絶縁特性、誘電率等の電気的特性の要望。
E化学的特性
耐薬品性、耐水性等の化学的特性の要望
ページの先頭へ戻る

Copyright(C) 2009 SEKIYA RIKA CO.,LTD. All Rights Reserved.