HOME > News
news

放射能判定キット

2011.9月.4日
容器に入れるだけ 放射能判定キットを開発 高精度でも安価な『ラディ』専用キット
放射能判定キット仕様はこちら
堀場製作所は、 環境放射線モニターPA-1000“ラディ” と組み合わせることで食品や土壌の放射能を検査する「放射能判定キット」を開発しました。従来、同モニターは放射性物質から出る放射線量を 0.001〜9.999マイクロシーベルト/時で測定していましたが、同製品をそのまま専用容器にセットして放射性物質の検査で指標とされているベクレル 値に換算できるキットを開発。食品を中心に放射性物質の検査ニーズが高まる中で、検査機関に検査を依頼する以外にも、使用者の手元で試料の簡易判定をする 機会を低価格で提供します。それにより迅速な品質検査とともに、食の安心・安全につながればと願っています。本キットは、主に農林事業者向けに10月上旬 発売予定。    

放射線測定器の需要の高まり
今年3月に発生した東日本大震災以降、放射線測定器の需要が急伸しており、堀場製作所では環境放射線モニター“ラ ディ”の生産能力を週1,000台(従来は年間100台生産)に引き上げ、早期の製品提供に努めてきました。同製品は、手のひらサイズで簡単に持ち運べる 簡易タイプの中でも、高感度なシンチレーション式(0.001〜9.999マイクロシーベルト/時)で精度が高いため、学校や自治体、企業、個人の使用者 が生活環境の放射線測定に使用しており、これまで10,000台を超える製品を提供しています。 このたび、食品や土壌の放射能を検査する「放射能 判定キット」を開発し、徳島大学の佐瀬卓也講師らと判定技術の確立を進めています。放射性物質検査ニーズが高まる中で、事業者が自ら簡易判定できる同キッ ト(専用容器およびマイクロシーベルト/時のベクレル値換算ガイド)を10月上旬に発売予定です。

  食品に対する放射性物質の検査
昨今の放射能漏れじけ検査機関では、食品の放射性物質検査ニーズへの対応が急務となっています。検査機関では、簡易検査と精密分析の2階層の検査が行われており、堆肥や農水産物や牛肉、汚泥など多種多様な試料の検査が行われています。 検 査に当たっては、厚生労働省医薬局「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」に基づき、サーベイメーターを用いた簡易検査では精密分析の必要性の有無 が判定されています。また、ゲルマニウム半導体検出器を用いた精密分析では、試料のベクレル値を測定し、国の暫定基準値と定量的に比較検査されています。 一方で、事業者でも自ら放射能の検査できる方法を求められています。当社はこのニーズに対して、簡易検査と同等の判定能力がある判定キットを低価格で提供することで、迅速な品質検査とともに、食の安心・安全につながればと願っています。  
ページの先頭へ戻る

Copyright(C) 2009 SEKIYA RIKA CO.,LTD. All Rights Reserved.