関谷理化株式会社
攪拌・分散実験に有効なノーマルモード

超音波はタンクの中を波で分布します。したがって一定の周波の場合タンク内では(*)キャピテーションが強いエリアと弱いエリアに分かれます。
この時タンク内(ビーカーや試験管内)の液体が渦巻状に流れをはじめます。
この流れを利用し攪拌などの実験にも利用できます。
この場合キャビテーションの強弱が無いといけないのでElmaでは洗浄効果を均一にするSWEEPモードと上記のような一定の周波数を発振するノーマルモードが切り替えられるようになっています。

超音波について
エルマ製品ご案内
お問合せ先へ
エルマ社案内
エルマlogo
エルマ超音波ユニット

ホーム
/超音波ユニット/エルマ社/製品情報/お問合せ/サイトマップ